レーザ微細加工という技術

レーザ微細加工という技術について

レーザ微細加工の一つ化学エッチング

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。

レーザ微細加工の一つ化学エッチング

現在の医療技術に必要とされているのは、正確性及び厳格な寸法、経済的に可能な範囲内である穴あけ技術です。

この世の中には穴あけ方法が多数存在しており、メカニカルドリリンやサンドブラスト法、電子ビーム加工やパンチングなど素人には何のことだか分からない名前の穴あけ方法がたくさんあります。

そんな数ある穴の形成方法の中でも今回は化学エッチングという方法を紹介したいと思います。

化学エッチングは複雑な加工過程があるため、穴あけに最も適しているのは非常に薄い材料です。

特に金属に対してはこの化学エッチングの製造方法によって頻繁に加工されているようです。

髪の毛の直径が50~100μmの大きさであるのに対して、この製造方法によると非常に薄い材料であれば1μm未満の穴をあけることができるそうです。

髪の毛の直径よりはるかに小さいのでどれだけ微細な穴か分かると思います。

ただ、レーザ微細加工の技術によると、経済面、生産面、信頼性がどんな製造方法よりも勝っているため、レーザ微細加工を超えることはできないでしょう。