レーザ微細加工という技術

レーザ微細加工という技術について

レーザ微細加工のメリット

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。

レーザ微細加工のメリット

レーザ微細加工の技術は医療現場に最も適していると言われています。

そのように言われる理由はレーザ微細加工のメリットにあります。

微細な穴をあける方法としてメカニカルドリリンや電子ビーム加工、パンチングなど様々な方法がある中でも、直径1μmほどの最も微細な穴をあけることが可能であること、再現可能であること、材料に対して非接触であるために穴をあける際の冷却材などを必要としないことなど様々なメリットがあるのです。

この非接触型の加工方法に一番適している材料はやはり非常に薄い材料ですが、適していない穴あけの材料の方が少ないほど、だいたいの材料に穴をあけることができます。

非接触であるため熱影響域を最小限に抑えることができるというメリットもあります。

また、医療現場で最も適している方法というくらいなので、費用対効果も素晴らしく高いのです。

これからどのような加工技術の発展があったとしても、レーザ微細加工技術に勝るものは現れないのではないだろうか。