レーザ微細加工という技術

レーザ微細加工という技術について

ミクロンサイズの穴の計測

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。

ミクロンサイズの穴の計測

ミクロンサイズのものを計測するための方法としては、従来から高度光学顕微鏡というものがあり、メリットとしては特定の計測に使用する時は、短時間の計測で豊富な状態を得ること及び高い再現性が可能です。

しかしデメリットとして、特定の用途でのみしか使用できず、ミクロンサイズといっても200μm未満の解像が不可能なのです。

他の計測方法としては、触針形状計測や走査型電子顕微鏡などがありますが、計測速度が遅いなどのデメリットがあります。

このように、ミクロンサイズの穴の計測をする方法によって様々な制約があり、たくさん考慮しなければいけない点というものがあるのです。

レーザ微細加工によって材料に穴をあける方法はどんな穴あけ技術よりも適していると言われています。

また、レーザ微細加工は高いスループット及び経済面でも優れているため継続的に実行可能であり、先ほど述べたミクロンサイズの穴の計測の一つである光学顕微鏡による方法も高いスループットの生産ラインに一番適していると言えるので、その事を考えると微細な穴あけの方法にはレーザ微細加工が適しているでしょう。