レーザ微細加工という技術

レーザ微細加工という技術について

レーザ微細加工のメリット

2015年7月21日 | コメントは受け付けていません。

レーザ微細加工のメリット

レーザ微細加工の特徴としては切断の精度が高いということと、製品の熱によっておこる変形が僅かですむということなどがあげられます。

従来のガスやプラズマといった切断機ででは出来なかった加工がレーザ微細加工では可能になるため、例えば細長い形のような変則的な形や複雑な形のものにも対応出来るようになりました。

その他のメリットとしては、レーザ微細加工の熱による変形が僅かですむという特徴を生かすことによって、材料を複数枚並べて切断する事が可能なため多品種少量生産をおこなうことが出来ます。

このように時間を効率よく使うことができるため、少量の発注の場合は注文を受けてから翌日には発送できるのだそうです。

売り上げアップにもつながる加工技術と言えます。

他のレーザ加工と比較してみると、レーザ微細加工では材料の厚みが1~19㎜でなければ切断する事ができないですが、納期が短期であっても対応できるという面は大きなメリットと言えます。

最小限に抑えた熱影響域

レーザ微細加工は他のガスやプラズマ切断機に比べて、材料に対しての熱影響域を最小限に抑えることができるため、材料が大きく変形するといった事がないです。

しかし、レーザ微細加工の技術はこれくらいで終わるものではなく、目標となるゴールは加工時に材料に対して接触することなく加工する事で、熱による損傷や変形をゼロに近づけ切断だけでなく穴をあけたり、溝を作ったりという加工をおこなうことです。

このゴールに向けて様々な企業がレーザ微細加工の研究を行っているそうです。

一番ゴールに近いとされていた製品も、様々な材料に対応できるわけではないという課題が残っていましたし、信頼性もイマイチな部分がある上にランニングコストが高いというデメリットもありました。

そこで、新たな改良が加わり、ゴールに最も近い製品が開発されています。

レーザ微細加工を詳しく知ろう

この開発によってレーザ微細加工が様々な材料に対応できるようになり、さらに熱影響域を最小限に抑えることが可能となったのです。